タレント検索

タレント名検索
   

活動ジャンルから探す

基本情報から探す

生年月日
年 齢
歳〜
血液型
星 座
干 支
出身地

※CTRLキーを押しながら選択する>複数選択できます

身 長
cm〜 cm
体 重
kg〜 kg
バスト
cm〜 cm
ウエスト
cm〜 cm
ヒップ
cm〜 cm
出演作
キーワード検索
TOPページに戻って検索する

インタビュー

柳下大

ヤナギシタトモ
柳下大

このお仕事を始めたきっかけは?

高校の同級生で芸能活動をやっている友達がいて、その子がD-BOYSと共演したことがあって、D-BOYSの存在を知りました。興味本位で調べてみたらD-BOYSオーディションが開催されていて、応募したのが芸能界入りのきっかけですね。

オーディションでグランプリを獲得した時のお気持ちはいかがでしたか?

嬉しかったのと、「俺、有名になるのかな?」って思いましたね。

有名になりましたね!

いやいや、まだまだ全然です(笑)。

ご自身の所属する「D-BOYS」はどんな存在ですか?

仲間っていう意識が強いですかね。家族っていうよりは仲間、気がしれた同志っていう感覚が強いです。

今までのお仕事で、柳下さんにとって転機になったような、大きな存在のお仕事は?

最初にお芝居を学んだのが、舞台の『スイッチを押す時』という作品だったんですけど、舞台の上で役として存在するという事がなんとなく初めて解った作品ですね。そのあとに特に思い入れのある作品は、ドラマ『タンブリング』ですね。初めてのゴールデンタイムでのレギュラー出演でしたし、同世代のキャストが沢山居て、皆で情熱を持って創っていたので、『タンブリング』には思い入れがあります。

そんな思い入れのある作品『タンブリング』に舞台で再び出演される訳ですが、舞台への出演が決まった時のお気持ちはいかがでしたか?

柳下大

また新体操が出来る、タンブリングの熱い気持ちでお芝居ができるっていうのは率直にとても嬉しかったです。

舞台への出演が決まった時には、ドラマで共演していたキャストの皆さんからメッセージは届きましたか?

瀬戸康史は、発表された時に舞台で共演していたこともあって、「『タンブリング』やるんでしょ?」って。みんな話は聞いているみたいで、瀬戸が山本裕典君と一緒の仕事だったときに、裕典君も「またトモ、『タンブリング』に出るんだって?」って話してくれていたみたいです。

ゲスト出演とかがあったら素敵ですね。

日替わりゲストとかできたら良いですね!やりたい(笑)!


now loading...