タレント検索

タレント名検索
   

活動ジャンルから探す

基本情報から探す

生年月日
年 齢
歳〜
血液型
星 座
干 支
出身地

※CTRLキーを押しながら選択する>複数選択できます

身 長
cm〜 cm
体 重
kg〜 kg
バスト
cm〜 cm
ウエスト
cm〜 cm
ヒップ
cm〜 cm
出演作
キーワード検索
TOPページに戻って検索する

インタビュー

橋本真一

ハシモトシンイチ
橋本真一

まず、このお仕事に興味を持ったきっかけを教えてください。

もともと芸能界に興味はあったんですけど、高校の文化祭で演劇をやった時に、主役を演じることになったのが一番はじめにお芝居に触れるきっかけでした。演劇好きな友達が居て自分のカメラで映像を撮るのが趣味で、ショートムービーを撮影する時にも芝居をしたり、有志でダンスを踊って全校生徒の前で披露したり、人前で何かをするっていう事があって、それから徐々に興味を持っていきました。

その後、どのように芸能界へ入られたんでしょうか。

高校生の時は興味を持っただけで仕事にしたいとは思わなかったので、興味をもったまま大学に進んだんです。大学3年生に上がる年に、映画の『クローズZERO』や『ROOKIES』で若手の俳優さんが活躍しているのを見て、自分もやっぱりお芝居をやってみたいっていう思いで上京しました。そのあとスクールに通って、現在の事務所に所属することになりました。

ミュージカル『テニスの王子様』が公演中ですが、初めてテニミュの舞台に立った時と今とで、一番成長したと感じる部分はどこですか?

もともと緊張しやすくて、すぐにあがっちゃうタイプなんです。テニミュは1000~3000人近いお客さんの前で演じる事が多いので、はじめはすごく緊張して舞台上で自分がやりたい事ができなかったりすることがあったんですが、六角公演を経て、今は立海公演で出演していて、どんどん自分のやりたいことや新しいアイデアも出るようになってきました。今回の公演ではネタ的な部分を任せてもらえるようになって、日替わりでその場で生まれたものを舞台上でやったり、度胸がついてきたところが一番成長できた所かなと思います。

8月には大阪でも公演されていますね。大阪ご出身ということで、地元での公演はいかがでしたか?

やっぱり毎回大阪公演はどの会場よりも特別な気持ちがあって、家族や友達が観に来てくれるので、いつもとは違う気合いの入り方がありますね。僕も家族や友達に観てもらえるのが楽しみで、公演後に面会して感想を聞いています。お客さんも僕が大阪出身って知っているので、大阪出身の方は「おかえり」っていう雰囲気を出してくれるんです。大阪のイベントで、少しお客さんとコミュニケーションを取れる機会があった時には、「おかえり」って言ってくれたりアットホームな感じで、大阪出身の僕的にはある意味凱旋公演のような特別な思いがありますね。

ご家族からはどんなコメントがありましたか?

「六角公演の時よりダンスが上手くなったね。」って言ってもらえました。前回に比べて今回は歌とお芝居のシーンが少ないので、ダンスの部分でどれだけ成長が見せられるかっていうのが自分の中でも課題だったので、ダンスに力を入れていたんです。この事を話す前にダンスを褒めてもらえたので、成長が見せられたと思ったら嬉しかったですね。

元々ダンスは得意だったんですか?

橋本真一

高校の文化祭で初めてダンスをして、でもその時も格好いいダンスではなくて面白い振り付けのものだったので、本格的にダンスを始めたのは『テニミュ』からですね。今回は僕にとって六角戦後の立海戦だったので、経験を活かして少しでもレベルアップ出来るように頑張りました!

ミュージカル『テニスの王子様』と言えば、キャストやカンパニーでの友情も見どころのひとつですよね。

普段からチームの意識がすごく強くて、楽屋もチームごとですし、プライベートから一緒に食事に行ったり遊んだりしています。最近は「LINE」っていうアプリがあるので常にコミュニケーション取っていますね。稽古中・本番中も常に一緒にいるし、チームとしての意識が高い分、舞台裏での関わりが舞台上でもしっかり現れるんですよ。今の立海戦は試合が無くてお芝居つけられていない部分もあって、自分たちの思うように動いていくんですけど、そこのレパートリーがどんどん増えていくんですよね。役と自分自身半分ずつ位で色々幅が広がってきて、僕たち自身も楽しんでやっています。お客さんも、メインの試合を見ながら僕たちが後ろで動いているのを楽しみにしてくれている方も居て、リピーターの方も多いので、いつ見ても違うものが見せられるように色んなバージョンを増やしていくのも楽しみの一つですね。

開演前はどのように過ごされいるのでしょうか。

僕は集中力を高めたいタイプですね。過ごし方は結構皆それぞれで、鏡の前でメイクを直して完璧に準備を整える人とか、リラックスしている人もいます。僕は声を出したり、その日のネタの構成を考えなおしたり、イメージトレーニングしたりとか、しっかり準備に時間を使っていますね。


now loading...